新しく発売された日産デイズルークスのチラシを見た。若いママ向けに、子育て中のOLさん向けに作った車だそうだ。

男性向けなのか一応ハイウェイスターのグレードもあるが、150万円を超えてくるのでここまで来るとさすがに購入するのをためらう人が多いように思った。軽四で150万円や160万円はさすがに考える。自分の好きなホイールやタイヤを買うことまで想定すると少なくともさらに10万円はアップするので、たとえば中古ならマツダのRX-8を買えてしまう可能性もあるのだ。新車でもヴィッツやフィットが視野に入ってくる。

ところでこのデイズ、後部座席用にサーキュレーターがあり、夏には後部座席でも冷房がよく効くとのこと。考えてみればインテリアでは一番欲しかった装備かも知れない。とにかく夏の後部座席は灼熱地獄なのである。どうして今までの軽四には標準装備されていなかったのだろう。不思議だ。たとえば夏場にスーパーで買い物をして、その中にアイスや冷凍食品があれば1秒でも早く家に帰るか、1℃でも室温を下げなければいけない。買い物袋は後部座席に乗せることが多いと思うけれど仮にドライアイスがあったとしてもすぐに無くなってしまうので、サーキュレーターはママにとって大変ありがたい装備だと思う。

ただ、トルクが細いのが気になった。坂道や高速道路で大丈夫かなと思ってしまった。女性向けだからパワーは必要ないのかな。むしろパワーが欲しければハイウェイスターを買えということなのだろうか。でも150万円を超えるとさすがに悩むと思う。

ミニバンランキング|2014年人気のミニバンを比較!